お知らせ

シネマーズ!

管理人:シネマーズ!

 ブログ概要をこちら。
お問い合わせはメールフォームにて受け付けています。ご要望、ご感想も受け付けています。
相互リンクも随時募集中です。

検索フォーム


カテゴリメニュー

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画「レミーのおいしいレストラン」の評価と感想!

レミーのおいしいレストランのポスター殿堂入り王冠 評価得点:92点 4.5ツ星評価

タイトル:レミーのおいしいレストラン
原題:Ratatouille
製作国:アメリカ合衆国
監督:ブラッド・バード、ヤン・ピンカヴァ
公開:2007年7月28日 (米国 2007年6月29日)
本編収録時間:112分
配給:ウォルト・ディズニー、ピクサー
映画のジャンル:ファンタジー・アニメーション
対象年齢:どなたでも


ピンあらすじ - 小さな天才シェフのレミーと、雑用係で料理下手なリングイニの出会いから始まる料理物語

 舌と鼻がよく利くネズミのレミーは、残飯は盗みだということを感じながら、仲間と残飯を漁りながら暮らしていた。新しい発見を探すため、人の住む家に侵入することにしたレミーは、そこで新鮮な食品の味を堪能したり、今は亡き天才シェフのグストーのことを知り、憧れていった。
 ある嵐の日、素晴らしい食材を手に入れたレミーは、料理をしてさらにおいしくしようと調味料を調達するため、また人家に侵入するのだが、そのことで家がネズミの住処になっているとバレてしまう。ショットガンを持った家主のおばさんに追われることになり、全員で用意していた船で逃げることにしたが、レミーは逃走途中に家族とはぐれてしまい、ひとりぼっちでパリにたどり着く。
 途方にくれるレミーだったが、空想上の料理人グストーと会話することで、その場から移動することを決意する。
 その内、レストラン「グストー」へたどり着いたレミーは、屋根からキッチンの様子を覗っていると、雑用係として採用されたリングイニが、スープを台無しにしていた。思わぬアクシデントでキッチンに足を踏み入れることになったレミーは、脱出中にも関わらず、目に入った先ほどのスープを夢中で作り直すことで絶品なスープに仕上げるのだが、その様子をリングイニに目撃され、駆除のため捕獲されてしまう。
 しかし、料理の才能が全く無いリングイニは、この小さな天才シェフに人間の言葉が通じると知り、とんでもないアイデアを思いつく。

続きを読む »

スポンサーサイト

映画「カンフー・パンダ」の評価と感想!

カンフー・パンダのポスター評価得点:78点 4ツ星評価

タイトル:カンフー・パンダ
原題:Kung Fu Panda
製作国:アメリカ合衆国
監督:マーク・オズボーン、ジョン・スティーヴンソン
公開:2008年7月26日 (米国 2008年6月6日)
本編収録時間:92分
配給:ドリームワークス、パラマウント、アスミック、角川
映画のジャンル:アクション・3Dアニメーション
対象年齢:どなたでも


ピンあらすじ - カンフー素人のパンダが伝説の「龍の戦士」に選ばれたカンフーアクション大作

 カンフーが大好きなラーメン屋の息子ポー(パンダ)は、龍の巻物を見て無限の力を得ることができる「龍の戦士」を決める選考試合を開くと聞きつけ、翡翠城の試合会場へ向かった。そこで、ウーグウェイ導師(亀)が「龍の戦士」に選んでしまったのはカンフー素人のポー。
 最強最悪のカンフー使いであるタイ・ラン(雪豹)が村へやってくるとウーグウェイ導師に告げられる中、ポーでは村を守れないと、カンフーの達人であるマスター・ファイブ(タイガー、サル、ツル、ヘビ、カマキリ)とシーフー老師(レッサーパンダ)は、厳しい修行をさせて追い出そうとする。
果たしてポーは無事カンフーを体得し、谷の村をタイ・ランの脅威から救えるのだろうか…

続きを読む »

| TOP |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。