お知らせ

シネマーズ!

管理人:シネマーズ!

 ブログ概要をこちら。
お問い合わせはメールフォームにて受け付けています。ご要望、ご感想も受け付けています。
相互リンクも随時募集中です。

検索フォーム


カテゴリメニュー

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画「K-20 怪人二十面相・伝」の評価と感想!

K-20 怪人二十面相・伝のポスター評価得点:60点 3ツ星評価

タイトル:K-20 怪人二十面相・伝
製作国:日本
監督:佐藤嗣麻子
製作総指揮:堀越徹
公開:2008年12月20日
本編収録時間:137分
配給:東宝
映画のジャンル:アクション・ドラマ
対象年齢:どなたでも


ピンあらすじ - 本物の怪人二十面相を捕まえろ!

 舞台は、1949年-第二次世界大戦の無かった別の世界「帝都」。
19世紀から続く華族制度により、極端な格差社会が生まれ、帝都の富の9割は、ごく一部の特権階級に集中していた。そんな中、富裕層のみをターゲットとし、次々と美術品や骨董品を、魔法のような手口で盗んでしまう「怪人二十面相」の出現が世間を騒がせていた。
 その二十面相は、送電線不要で電気が送れるという無線送電装置「テスラ装置」の模型を盗み出した。
 一方、サーカス団の曲芸師「遠藤平吉」は、サーカス団長の病気を治すためにお金を必要としていた。その弱みに付け込まれ、怪人二十面相に騙されたことで、彼の替え玉にされ、逮捕されてしまう。
 怪人二十面相として浪越警部ら軍憲(警察)から追われる羽目になってしまった平吉は、汚名を晴らすために、名探偵「明智小五郎」と、その婚約者である「羽柴葉子」、天才からくり師「源治」と共に本物の二十面相に対決を挑む。
北村想「怪人二十面相・伝」を原作に、「ALWAYS三丁目の夕日」スタッフが映画化。

続きを読む »

スポンサーサイト

映画「シャッフル」の評価と感想!

シャッフルのポスター評価得点:67点 3ツ星評価
タイトル:シャッフル

原題:Premonition
製作国:アメリカ合衆国
監督:メナン・ヤポ
公開:2009年1月31日 (米国 2007年3月16日)
本編収録時間:96分
配給:トライスター・ピクチャーズ、MGM、クロック・ワークス
映画のジャンル:ミステリースリラー
対象年齢:どなたでも


ピンあらすじ - 並び替えられた1週間の謎を解き、運命を変えらるだろうか?

 リンダ(サンドラ・ブロック)は、夫のジム(ジュリアン・マクマホン)、愛する2人の娘ブリジットとメガンの親子4人で幸せに暮らしていた。
 ある日、家事をしていたリンダのもとに、夫のジムが自動車事故で死亡したとの知らせが届く。
突然の訃報に言葉を失ったリンダは、悲しみに暮れたままその日を過ごした。
 ところがその翌日、死んだはずのジムが何事も無かったかのように目の前でコーヒーを飲んでいる姿を目の当たりにし、リンダは唖然とする。不思議に思いながらも、一日を無事過ごした。
 しかし、次の日(土曜日)には、ジムの葬儀のため喪服に身を包んだ大勢の人々が集まっていた。さらに、全く身に覚えの無い出来事が次々と起こり始めたことで、「何かが絶対におかしい!」と思うリンダ。
 今までの出来事を整理するため、自作のカレンダーに体験してきた日を順番に照らし合わると、曜日がバラバラに「シャッフル」された1週間を暮らしているという驚愕の事実に気付く。
やがて、全てが狂い始めるきっかけとなった、ジムの死んだ日がやってくる。

※娘ブリジットに起きた疑問の理由は、下記の補足説明にて解説しています。

続きを読む »

映画「インクレディブル・ハルク」の評価と感想!

インクレディブル・ハルクのポスター評価得点:62点 3ツ星評価

タイトル:インクレディブル・ハルク
原題:The Incredible Hulk
製作国:アメリカ合衆国、ブラジル
監督:ルイ・レテリエ
公開:2008年8月1日 (米国 2008年6月13日)
本編収録時間:112分
配給:ユニバーサル・ピクチャーズ、ソニー・ピクチャーズ
映画のジャンル:モンスターアクション
対象年齢:どなたでも


ピンあらすじ - 自らの生活を取り戻すため、モンスターとなる体の異変を止められるのか!?

 科学者ブルース・バナー(エドワード・ノートン)は、ロス将軍(ウィリアム・ハート)の命令を受け、
人体への放射線抵抗を研究していたが、研究実験の事故で多量のガンマ線を浴びてしまう。
それ以来、心拍数が200を越えると、アドレナリンの分泌と共に約2.7メートルもの巨大で緑色の肌をしたモンスター「ハルク」に変身するという特殊な体質となってしまった。
 ロス将軍は彼の体質に注目し、その血清を軍事実験に利用すべく、執拗にブルースの後を追い続けていた。
 ブルースは彼らの追跡の手を逃れるため、ブラジルのガラナ・ソーダジュース製造工場でアルバイトをしながら潜伏し、怒りを抑制する方法を学びつつ、自らの治療薬開発に取り組んでいた。
 インターネットチャットを通じて、「ミスター・ブルー」と名乗る科学者とコンタクトを取り、自身の細胞の秘密を解き明かそうとするのだが、仕事場でのアクシデントが基で、居場所がばれてしまったブルース。
 そのことでロス将軍が送ってきたエミル・ブロンスキー(ティム・ロス)率いる特殊部隊たちに包囲され、執拗に追い回されることになってしまう。

続きを読む »

映画「アイズ」の評価と感想!

アイズのポスター評価得点:55点 2.5ツ星評価

タイトル:アイズ
原題:The Eye
製作国:アメリカ合衆国
監督:ダヴィド・モロー
公開:2008年11月1日 (米国 2008年2月1日)
本編収録時間:97分
配給:ライオンズ・ゲート、ムービーアイ
映画のジャンル:サスペンス
対象年齢:どなたでも


ピンあらすじ - 盲目のシドニーは角膜移植手術を受け、視力は回復するが、見えないはずものに気付く…

 シドニー・ウェルズ(ジェシカ・アルバ)は、ロサンゼルスで活躍する若手バイオリニスト。
幼い頃の事故が原因で盲目になりはしたものの、日常生活において不便を感じることなく、むしろ満ち足りた生活を送っていた。
 しかし、姉のヘレン(バーカー・ボージー)の勧めで、ロンドン公演を前に、角膜移植手術を受けることになる。手術は無事に成功し、病院では脳腫瘍で入院している少女アリシアと仲良くなるシドニー。
 その眼帯をはずした日の夜、手術後のためぼんやりとよく見えなかったが、隣のベットで眠っていた女性が不思議な黒い人影とともに病室から出て行くところ見かける。翌日になると、その女性が亡くなったことを看護師から聞かされるのだった。
 やがて退院し、医師ポール・フォクナー(アレクサンドロ・ニヴォラ)の治療を受けながら目の見える生活に順応していくシドニーだったが、次第に自分の目には「実際に見える以上のものが見えている」ことに気づいていく。
 また、深夜1時6分になると、見たこともない殺伐とした風景が部屋に映し出されるなど、奇怪な現象が起こり始めることで苦悩することになるシドニーは、この目の持ち主だったドナー(角膜提供者)に謎を解く鍵があるのではないかと原因を探し始める。

続きを読む »

映画「ウォンテッド」の評価と感想!

ウォンテッドのポスター評価得点:53点 3ツ星評価

タイトル:ウォンテッド
原題:Wanted
製作国:アメリカ合衆国
監督:ティムール・ベクマンベトフ
公開:2008年9月20日 (米国 2008年6月27日)
本編収録時間:110分
配給:ユニバーサル・ピクチャーズ、東宝東和
映画のジャンル:クライム・アクション
対象年齢:大人向け(R-15)


ピンあらすじ - 自分を変えようと暗殺組織「フラタニティー」のメンバーとなったウェスリーの運命は?

 「1000年前に機織り職人たちは秘密の暗殺組織「フラタニティー」を作り、乱れた世に秩序を取り戻すべく密かに刑を執行した。」
 ウェスリー(ジェームズ・マカヴォイ)は、会社で太って性格の悪い上司ジャニス(ローナ・スコット)に悩まされながら、顧客管理担当として過ごしていた。最悪な会社環境のためストレスが溜まりっぱなしで、パニック障害で薬に頼っているなど、今の状況を変えられない自分にウンザリしていた。
 いつものようにドラッグストアに行くと、突然現れたセクシーで謎めいた女性「フォックス(アンジェリーナ・ジョリー)」に父の死を知らされ、また正体不明の暗殺者「クロス(トーマス・クレッチマン)」から命を狙われることになり銃撃戦が始まる。
 その場を無事乗り切ったが、気絶してしまったウェスリーは、知らない部屋でフォックスと屈強そうな男たちに囲まる中で目覚め、彼らは秘密の暗殺組織「フラタニティ」のメンバーだと明かされる。また、ウェスリーの父が組織のトップであったことを知らされ、殺害された父の後を引き継ぎ仲間になるよう説得させられる。
 自分を変えたかったウェスリーは、暗殺者になるための過酷な訓練を積み、特殊な能力も操れるようになっていく。ついにはメンバーとして認められ、「運命の織機」の秘密を知り、父親を殺したとされる暗殺者クロスを追うことになる。

続きを読む »

映画「ハプニング」の評価と感想!

ハプニングのポスター評価得点:40点 2.5ツ星評価

タイトル:ハプニング
原題:The Happening
製作国:アメリカ合衆国
監督:M・ナイト・シャマラン
公開:2008年7月26日(米国 2008年6月13日)
本編収録時間:91分
配給:20世紀フォックス
映画のジャンル:パニック・サスペンス
対象年齢:大人向け(PG-12)


ピンあらすじ - 原因不明な自殺現象に追い詰められ、パニックに陥る人々の姿を描く

 フィラデルフィアの高校で科学教師のエリオット(マーク・ウォールバーグ)は、全米各地でミツバチが亡骸もなく、姿を消していると授業で講義をしていた。
 その頃、ニューヨークのセントラルパークや工事現場で、次々と突然自殺を始めるという奇怪な現象が発生する。建設現場のビルから次々と飛び降りてくる作業員たち、拳銃で頭を打ち抜く人たちなど、これらの奇怪な原因は有毒ガスによるテロ攻撃とされ、大学では生徒を帰宅させることになる。
 エリオットも、同僚の数学教師ジュリアン(ジョン・レグイザモ)の誘いで、妻アルマ(ズーイー・デシャネル)と一緒に電車で非難することにした。
 しかし、避難中にも原因不明の自殺多発事件は広範囲に広がり、攻撃に値しない小さな村にまで発生したことから、テロ攻撃の可能性は弱まり、原因不明な異常現象に人々はパニックに陥っていく。

続きを読む »

映画「ワンダー・ボーイズ」の評価と感想!

ワンダー・ボーイズのポスター評価得点:40点 2.5ツ星評価

タイトル:ワンダー・ボーイズ
原題:Wonder Boys
製作国:アメリカ合衆国
監督:カーティス・ハンソン
公開:2000年9月2日 (米国 2000年2月22日)
本編収録時間:111分
配給:パラマウント、東宝東和
映画のジャンル:コメディ・ドラマ
対象年齢:どなたでも


ピンあらすじ - 小説家としてスランプの大学教授が、次々とトラブルに見舞われていく

 大学で文学部の講師をしているグレディー教授(マイケル・ダグラス)は、過去に手掛けた小説「放火犯の娘」で、一躍脚光を浴びたものの、新作は7年間も行き詰まっていた。
 大学の授業を終えたグレディーは、前作「放火犯の娘」の編集者だったテリー・クラブトゥリー(ロバート・ダウニー・ジュニア)が新作の原稿を見にニューヨークから来ると言うので、自動車でマリファナを吸いながら空港に向かう。
 妻には逃げられ、学部長の妻である不倫相手のサラは妊娠、自殺しそうな暗い雰囲気のある教え子ジェームズ(トビー・マグワイア)を気遣った事で、学部長ウォルターが大切にするマリリン・モンローが着用したジャケットが紛失するなど、次々とトラブルに舞い込まれていくグレディーが、新たな人生の出発点を見つけるまでを描く。
 「L.Aコンフィデンシャル」を手掛けた監督カーティス・ハンソンが、マイケル・シェイボンの同名小説を映画化。

続きを読む »

映画「レッドクリフ Part I」の評価と感想!

レッドクリフ Part Iのポスター評価得点:50点 3ツ星評価

タイトル:レッドクリフ Part I
原題:Red Cliff Part I(赤壁)
製作国:中国、香港、日本、韓国、台湾
監督:呉宇森(ジョン・ウー)
公開:2008年11月1日 (中国 2008年7月10日)
本編収録時間:145分
配給:東宝東和、エイベックス
映画のジャンル:アクション
対象年齢:どなたでも


ピンあらすじ - 三国志の赤壁の戦いへ至るまでを描いた歴史戦争映画

 西暦208年、帝国を支配する丞相・曹操(チャン・フォンイー)は、対抗勢力をせん滅すべく、皇帝を操り、80万の大軍で劉備軍を追っていた。劉備軍は、関羽<かんう>、張飛<ちょうひ>、趙雲<ちょううん>ら猛将の活躍でなんとか逃げ伸びることができた。
 軍師の孔明<こうめい>(金城武)は、曹操軍の強大な勢力になんとか対抗しようと、孫権率いる(チャン・チェン)呉へと向かう。
 曹操の脅威が迫り来る孫権軍も他人事ではなくなっており、父親の孫堅、兄の孫策と亡くし、若くして覇権を継承した孫権だが、曹操に降伏するべきだという古老達の意見に悩まされていた。
孔明は孫権だけでは同盟を結べないと、周瑜<しゅうゆ>(トニー・レオン)の説得にも向かい、次第に信頼関係を築いていく。
 同盟することには成功するが、連合軍の兵はわずか5万人。圧倒的に不利な状況で連合軍は、亀の甲羅を模した陣形である“九官八掛の陣”(きゅうかんはっけ)を使った奇襲で、曹操軍の騎馬隊を撃退しようと考える。
 水陸両方から圧倒的な武力で攻め落とそうとする曹操軍は、2000隻もの船を集め、赤壁での戦に備え陣を敷く。

続きを読む »

映画「奇跡のシンフォニー」の評価と感想!

奇跡のシンフォニーのポスター評価得点:55点 3ツ星評価

タイトル:奇跡のシンフォニー
原題:August Rush
製作国:アメリカ合衆国
監督:カーステン・シェリダン
公開:2008年6月21日 (米国 2007年11月21日)
本編収録時間:114分
配給:ワーナー・ブラザーズ、東宝東和
映画のジャンル:ミュージカル・ヒューマンドラマ
対象年齢:どなたでも


ピンあらすじ - 音楽が両親と引き合わせてくれると信じる音楽の天才少年

 ニューヨークのウォルデンにある男子養護施設でいじめられながら、寂しく生きてきた11歳のエヴァン。生まれた時から両親がいない彼は、そばにある音楽を聴くのが好きで、音楽が両親と引き合わせてくれると信じていた。
 両親を探すため施設を抜け出し、ハイウェイを歩いていたエヴァンは、トラックの運転手に拾われ無事マンハッタンへ到着するが、施設へ帰るための電話番号が書いてあるメモを無くし、迷子になってしまう。
 都会の道に戸惑い、さまよい歩いていると、公園でギターの弾き語りストリートライブをしていたアーサーを見かける。ギターが気になり追いかけたアーサーに、ストリート・ミュージシャンの子供たちを使って商売するウィザードたちが暮らす場所へと案内してもらい、一緒に暮らし始める。エヴァンは置いてあったアーサーのギターを見かけ、弾き始めると素晴らしい音楽を奏で始めた。
 それを聞いたウィザードは、エヴァンに「オーガスト・ラッシュ」という名前を付け、この才能を使って一儲けしようと目の色を変える。
それから様々な出会いを経て、エヴァンは音楽の類まれな才能を開花させていく。

続きを読む »

映画「ベガスの恋に勝つルール」の評価と感想!

ベガスの恋に勝つルールのポスター評価得点:65点 3.5ツ星評価

タイトル:ベガスの恋に勝つルール
原題:What Happens in Vegas
製作国:アメリカ合衆国
監督:トム・ヴォーン
公開:2008年8月16日 (米国 2008年5月9日)
本編収録時間:99分
配給:20世紀フォックス
映画のジャンル:ラブロマンス・コメディー
対象年齢:どなたでも


ピンあらすじ - 300万ドルという大金と離婚を求める2人のラブコメディー

 なんでもきっちり計画を立てて実行しようとする、証券会社に勤めるキャリアウーマンのジョイ(キャメロン・ディアス)。彼女は、フィアンセであるメイソンの誕生日を祝うためサプライズ・パーティーを開くが、大勢いる友人の前で酷いフラれ方をされる。まじめに働かない遊び人のジャック(アシュトン・カッチャー)は、父親が経営する工場を解雇されてしまう。
 こんなジョイとジャックは、友達と気晴らしにラスベガスへ旅行することに決める。旅先のホテルでチャックインを済ますが、ダブルブッキングというハプニングに合い、偶然出会ったジョイとジャックは意気投合し、酔った勢いで結婚までしてしまう。
 派手に飲み明かした翌朝、お互いに正気に戻って結婚を取り消そうと話をしていた時、ジョイが遊んでいたスロットマシーンに残っていた25セントを、ジャックが勝手に投入すると300万ドルが大当たり。
 ニューヨークに戻った二人は離婚して賞金を得ようと裁判で争うが、結婚を軽く考えるなど現代の若者が気に入らない裁判官の判決で、300万ドルを凍結され、6ヶ月間の強制結婚を命じられる。
 フィアンセから追い出され家の無いジョイは、ジャックの家で大金を狙いながら、ハチャメチャな仮面夫婦生活を送ることになってしまう。

続きを読む »

| TOP | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。