お知らせ

シネマーズ!

管理人:シネマーズ!

 ブログ概要をこちら。
お問い合わせはメールフォームにて受け付けています。ご要望、ご感想も受け付けています。
相互リンクも随時募集中です。

検索フォーム


カテゴリメニュー

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画「スリー・キングス」の評価と感想!

スリー・キングスのポスター評価得点:72点 3.5ツ星評価

タイトル:スリー・キングス
原題:Three Kings
製作国:アメリカ合衆国
監督:デヴィッド・O・ラッセル
公開:2000年4月8日 (米国 1999年10月1日)
本編収録時間:114分
配給:ワーナーブラザーズ
映画のジャンル:戦争アクション
対象年齢:どなたでも

ピンあらすじ - 帰国後の生活に不安感がある4人の兵士達による新感覚戦争アクション作品

 湾岸戦争休戦協定成立直後のイラクで、アメリカ軍兵のバーロー(マーク・ウォルバーグ)、エルジン(アイス・キューブ)、ビグ(スパイク・ジョーンズ)は捕虜から謎の地図を押収した。
密かに3人で地図を解読しようとしたが、ゲイツ少佐(ジョージ・クルーニー)に見つかり、4人で解読することになってしまう。フセインが隠した金塊の在り処が示されていることを知った彼らは、金塊を自分たちの物にしようと計画する。
軍に許可を得ず基地を離れ、村に隠された金塊を強奪しようとするのだが…

評価について

ピン鑑賞環境 - BSテレビ放送(ノーカット日本語字幕)

ピン良い点
 ・銃撃戦がリアルで、見応えがある。
 ・実際の戦争をそのまま伝えるかのような展開。

ピン悪い点
 ・卑猥、性的表現がある。

ピン映画の感想
 戦争中の状況をリアルに描いている、なかなか良く出来た映画です。
最初の米軍キャンプでの性的シーンは、軍隊の活動や生活を表現したようなリアリティーのあるシーンでしたが、わざわざ入れる必要があったのか疑問です。
銃撃戦の銃弾が飛んでくる演出や、爆発中の演出については、かなり手の込んだ作りになっていて見ていて飽きませんでした。
宝探しのような物語にドラマ要素を加え、アメリカの問題点を風刺する内容で現実を織り交ぜた面白い作品です。


映画の詳細

ピンキャスト
 ・アーチ・ゲイツ - ジョージ・クルーニー
 ・トロイ・バーロー - マーク・ウォルバーグ
 ・チーフ・エルジン - アイス・キューブ
 ・コンラッド・ビグ - スパイク・ジョーンズ
 ・アミール - クリフ・カーティス
 ・ウォルター - ジェイミー・ケネディ
 ・サイード - サイード・タグマウイ
 ・アドリアーナ - ノーラ・ダン
 ・キャシー - ジュディ・グリア

ピン補足説明
 ・題名の由来は「東方の三博士」。
 ・監督「デヴィッド・O・ラッセル」は湾岸戦争に批判的で、それに沿ったような内容がある。
 ・湾岸戦争でのアメリカ軍側の死者はわずか150人足らず。

関連リンク:
 スリー・キングス - Wikipedia
 【ワーナー・ブラザース】オフィシャルホームページ

コメント
コメントの投稿

トラックバック

| TOP |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。