お知らせ

シネマーズ!

管理人:シネマーズ!

 ブログ概要をこちら。
お問い合わせはメールフォームにて受け付けています。ご要望、ご感想も受け付けています。
相互リンクも随時募集中です。

検索フォーム


カテゴリメニュー

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

映画「燃えよ!ピンポン」の評価と感想!

燃えよ!ピンポンのポスター評価得点:40点 2.5ツ星評価

タイトル:燃えよ!ピンポン
原題:Balls of Fury
製作国:アメリカ合衆国
監督:ロバート・ベン・ガラント
公開:2000年 (米国)
本編収録時間:90分
配給:東北新社
映画のジャンル:スポーツアクション・コメディー
対象年齢:どなたでも


ピンあらすじ - メタボな主人公が裏社会の卓球トーナメントで命を掛けるアクション・コメディー

 かつて天才卓球少年として騒がれたランディ・デイトナは、ソウル・オリンピックの準決勝で敗北し、無様な姿を晒してしまう。敗北したことで、賭けに負けたランディーの父親は組織から消され、全米の笑い者になったデイトナは姿を消した。
 卓球曲芸を披露して生計を立てる大人になったデイトナ(ダン・フォグラー)に目をつけたFBIは、裏社会で極秘に行われる卓球世界大会へ出場し潜入捜査をするよう命じる。だが過去のような卓球の腕は無く、デイトナを鍛え直すため卓球マスターである盲目の老師ワン(ジェームズ・ホン)に弟子入りさせる。

評価について

ピン鑑賞環境 - DVD(日本語字幕)

ピン良い点
 ・今までに無いようなピンポンアクションがあった。
 ・老師が面白い。

ピン悪い点
 ・主役がメタボでダサい。
 ・無駄な場面で引っ張るような展開。
 ・ピンポンシーンがあまりない。
 ・燃えよ!ドラゴンのパロにする必要が無い。
 ・コメディー要素が強すぎる。

ピン映画の感想
 盲目の老師が面白いだけで、卓球戦に魅力が無いつまらない映画です。
「燃えよ!ドラゴン」のパロディーではなく、純粋な卓球戦にすれば良かったと思いました。
魔球など出るCG満載の楽しいピンポンバトルが見れると期待していたのですが、最初以外はハイスピードの玉が飛んでいくだけで新鮮さが全くありません。しかもラリーが続かなく、試合自体も呆気なく終わってしまうので、興奮もなにもなく終わってしまいます。
 また、老師以外はくだらないコメディーシーンが多く、メタボな主人公とヒロインの見たくも無いキスシーンをアップで見せられるなど、最悪な場面しか目立ちませんでした。主人公が強くなるに連れて姿が変化していくような意外性も無い、ガッカリする内容です。


映画の詳細

ピンキャスト
 ・ランディ・デイトナ - ダン・フォグラー
 ・ロドリゲス - ジョージ・ロペス
 ・カール・ウルフシュターク - トーマス・レノン
 ・ワン - ジェームズ・ホン
 ・マギー・ウォン - マギー・Q
 ・フェン - クリストファー・ウォーケン
 ・フレディ・フィンガーズ・ウィルソン - テリー・クルーズ
 ・アジア人男性 - ケイリー=ヒロユキ・タガワ
 ・エディ - ジェイソン・スコット・リー
 ・マホガニー - アイシャ・タイラー
 ・リック - デヴィッド・ケックナー
 ・ジェフ - マシ・オカ

ピン補足説明
 ・総制作費25億円。

関連リンク:
 燃えよ!ピンポン - Wikipedia
 東北新社

コメント
コメントの投稿

トラックバック

| TOP |