お知らせ

シネマーズ!

管理人:シネマーズ!

 ブログ概要をこちら。
お問い合わせはメールフォームにて受け付けています。ご要望、ご感想も受け付けています。
相互リンクも随時募集中です。

検索フォーム


カテゴリメニュー

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画「激流」の評価と感想!

激流のポスター評価得点:80点 4ツ星評価

タイトル:激流
原題:The River Wild
製作国:アメリカ合衆国
監督:カーティス・ハンソン
公開:1995年4月1日 (米国 1994月9月30日)
本編収録時間:112分
配給:ユニバーサル・ピクチャーズ、UIP
映画のジャンル:サスペンス・スリラー
対象年齢:どなたでも


ピンあらすじ - 穏やかな川下りから家族が危機に陥る恐怖の川下りへ変わるサスペンス作品

 ボストンに住むゲイル(メリル・ストリープ)一家は、誕生日を迎えた息子のローク(ジョセフ・マゼロ)を祝うため、家族みんなと故郷で川下りをして過ごすことにした。
 ブライダル・クリークまで下ろうとしていたゲイルたちは、そこで陽気なウェイド(ケビン・ベーコン)とテリー(ジョン・C・ライリー)、知り合いでガイドのフランクに出会う。
景色を眺めながら川を下っていると、フランクに逃げられ困っていた川下り初心者のウェイドたちを見つける。以前急流下りのガイドだったゲイルは彼らの案内を引き受けるのだが、気味が悪いウェイドの行動を不審に思い、別行動を取ろうとする。

評価について

ピン鑑賞環境 - BSテレビ放送(ノーカット日本語字幕)

ピン良い点
 ・緊張感のあるストーリー。
 ・ケビン・ベーコンの気味悪い演技が良い。

ピン悪い点
 ・激流下りが少しインパクトに欠ける。

ピン映画の感想
 すでに何度も見ていますが、放送される度に最後まで見てしまう映画です。
CGなど使用していなくても、繰り広げられる緊張感のあるストーリーは見ていて飽きません。ただ、激流下りのシーンは高い滝から降りたりしないので、話の内容と比べると少しインパクトに欠けました。
 本物の川で撮影したリアルな映像と、ウェイドの気味悪さや家族を守ろうと必死に奮闘する姿がとても印象に残るオススメの作品です。


映画の詳細

ピンキャスト
 ・ゲイル - メリル・ストリープ
 ・ウェイド - ケビン・ベーコン
 ・トム - デヴィッド・ストラザーン
 ・ローク - ジョセフ・マッゼロ
 ・テリー - ジョン・C・ライリー
 ・ウィラ - ステファニー・ソーヤー
 ・ジョニー - ベンジャミン・ブラット
 ・フランク - ウィリアム・ラッキング
 ・ゲイルの母親 - エリザベス・ホフマン
 ・ゲイルの父親 - ヴィクター・H・ギャロウェイ
 ・マギー - 犬

ピン補足説明
 ・本作は、脚本を担当したデニス・オニール自身の体験を基に脚色した。
 ・川の名称は、ブライダル・クリーク、ガントレット。

関連リンク:
 ジェネオン・ユニバーサル・エンターテイメント
 ユナイテッド・インターナショナル・ピクチャーズ - Wikipedia

コメント
コメントの投稿

トラックバック

| TOP |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。