お知らせ

シネマーズ!

管理人:シネマーズ!

 ブログ概要をこちら。
お問い合わせはメールフォームにて受け付けています。ご要望、ご感想も受け付けています。
相互リンクも随時募集中です。

検索フォーム


カテゴリメニュー

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

映画「フォーン・ブース」の評価と感想!

フォーン・ブースのポスター評価得点:68点 3.5ツ星評価

タイトル:フォーン・ブース
原題:Phone Booth
製作国:アメリカ合衆国
監督:ジョエル・シュマッカー
公開:2003年11月22日 (米国 2003年4月4日)
本編収録時間:81分
配給:FOX
映画のジャンル:サスペンス
対象年齢:どなたでも


ピンあらすじ - 電話ボックスの中でスナイパーに殺すと脅され続けるサスペンス作品

 西マンハッタン8番街53丁目角にあるただ一つの電話ボックスから、宣伝屋(パブリシスト)スチュワート(コリン・ファレル)はパム(ケイティ・ホームズ)に電話を掛ける。電話を切ると、なぜか公衆電話の呼び鈴が鳴り始め、スチュワートはとっさに受話器を取ってしまう。謎の相手は電話を切ったらライフルで殺すと脅し始め、なぜか電話を切らない彼に周囲は騒然となっていく。

評価について

ピン鑑賞環境 - DVD(日本語字幕)

ピン良い点
 ・緊張感がある展開。
 ・コリン・ファレルの演技力。

ピン悪い点
 ・繰り返し見れない。
 ・迫力があるシーンが少ない。

ピン映画の感想
 ほとんど電話ボックスの周りを映しているだけですが、それでもかなりの緊張感がある作品です。常に狙われている危機感以外にも、やはりコリン・ファレル(スチュ)の演技が迫力を出しています。
 ただ、バイオレンスなシーンがほとんど無く見易いのですが、もう少し興奮できるような展開が欲しくなる内容です。また、主人公の運命がどうなるのかという好奇心と緊張感があって楽しめる作品なので、繰り返し見れる映画ではありません。緊張感を味わいたい方にオススメの一本です。


映画の詳細

ピンキャスト
 ・スチュワート・シェパード(スチュ) - コリン・ファレル
 ・レイミー(警部) - フォレスト・ウィテカー
 ・ケリー - ラダ・ミッチェル
 ・パメラ(パム) - ケイティ・ホームズ
 ・キーファー・サザーランド
 ・ポーラ・ジャイ・パーカー
 ・アリアン・アッシュ
 ・ティア・テクサダ
 ・ジョン・イーノス三世
 ・リチャード・T・ジョーンズ

ピン補足説明
 ・2002年秋に公開予定であったが、2002年10月にアメリカで起きた狙撃事件のために2003年4月に延期された。

関連リンク:
 フォーン・ブース - Wikipedia
 FOXJAPAN ONLINE

コメント
コメントの投稿

トラックバック

| TOP |