お知らせ

シネマーズ!

管理人:シネマーズ!

 ブログ概要をこちら。
お問い合わせはメールフォームにて受け付けています。ご要望、ご感想も受け付けています。
相互リンクも随時募集中です。

検索フォーム


カテゴリメニュー

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画「センター・オブ・ジ・アース」の評価と感想!

センター・オブ・ジ・アースのポスター評価得点:80点 4ツ星評価

タイトル:センター・オブ・ジ・アース
原題:Journey to the Center of the Earth
製作国:アメリカ合衆国
監督:エリック・ブレヴィグ
公開:2008年10月25日 (米国 2008年7月11日)
本編収録時間:92分
配給:ニュー・ライン・シネマ、ギャガ・コミュニケーションズ
映画のジャンル:SF・アドベンチャー
対象年齢:どなたでも


ピンあらすじ - 兄の失踪事件をきっかけに、未知の地底世界で危険な冒険が始まる!

 大学教授で地質構造学の科学者トレバー・アンダーソン(ブレンダン・フレイザー)は、10年前に行方不明になった兄マックスの遺志を継いで、地球内部のマントルを貫く裂け目の存在を証明しようとしていた。ところが研究はさっぱり進展せず、29あった地震センサーも3つしか稼動してない状況から、大学は研究室の閉鎖を決定する。
 その後、家に戻ったトレバーは、マックスの妻であるエリザベスに頼まれて、マックスの息子で13歳の甥っ子ショーン(ジョシュ・ハッチャーソン)をしばらく預かることになる。
 エリザベスが持ってきたマックスの遺品を調べると、兄マックスが好きだったジュール・ウェルヌの小説「地底旅行」が入っていた。何気なく開くと、そこには兄マックスが書き込んだメモが残されており、世界各地に設置した地震センサーの計測値が記されていたのだが、マックスが失踪した日と現在とが全く同じ数値を示していたことに気づき、驚かされる。
 これがマックスの失踪の原因を突き止められると考えたトリバーは、地震計が反応しているアイスランドでの調査旅行を決意する。ほとんど父のことを覚えていないショーンも、強引にトレバーに同行することに。
 アイスランドに飛んだ二人は、本のメモにあったシグビョルン・アスゲリソン火山学研究所を訪れ、そこで出会った山岳ガイドのハンナ(アニタ・ブリエム)と共に地震センサーがあるスネフェルス山を目指すことにした。
 センサー回収の途中、落雷の影響で巨大な洞窟に閉じ込められてしまったトレバーたち。古い廃坑だったことに気づいた彼らは、トロッコに乗って脱出を試みようとするが、出口も間近だと思われた瞬間、さらに地中へと続く火口(堅穴)深く落ちてしまう。
 なんとか無事に、地底160kmにある広大な洞穴に到着すると、そこはまさに「地底旅行」に描かれていた世界そのものだった。しかし、太古の動物や見たこともない植物が生息し、出口を求めて進む3人に数々の危険が待ち受ける。3人は無事に地上に戻ることが出来るだろうか?
ジュール・ベルヌの「地底旅行」を原作として映画化。

評価について

ピン鑑賞環境 - DVD(日本語字幕、日本語吹替)

ピン良い点
 ・未知の世界を冒険している感じが良く出ている。
 ・迫力があり、笑って楽しめる。

ピン悪い点
 ・明らかに現実離れしすぎな表現がある。
 ・日本語吹替が雰囲気に合わない。

ピン映画の感想
 笑いを誘う会話や、未知の世界に興味がそそられ、突然降りかかってくる危険な展開でハラハラドキドキもさせてくれる、楽しいものでした。
 普通なら死んでしまいそうなハプニングが数多く出てきて、現実離れしすぎていることが少し気になるのですが、それで興奮と面白さを引き出せているので、映画として全く問題ない作りだと思います。
 ですが、もう少し見たこともないような生物が襲ってきたり、もっとドッサリとお宝が出てくると感じがあっても良かったと感じました。
 日本語吹替の声優については、ハンナ役(矢口真里)がとてもうまく吹き替えできているのですが、トレバーとショーンは未熟さみたいなのを感じるので、英語で見るのをお勧めします。
幅広い年齢層で、どなたでも冒険感覚を味わえる楽しい一本。


映画の詳細

ピンキャスト
 ・トレバー・アンダーソン:ブレンダン・フレイザー(日本語吹替:沢村一樹)
 ・ショーン・アンダーソン:ジョシュ・ハッチャーソン(日本語吹替:入江甚儀)
 ・ハンナ・アスゲリソン:アニタ・ブリエム(日本語吹替:矢口真里)

ピン補足説明
 ・劇場では、3Dメガネをかけて見ることで映像が飛び出したように見え、迫力ある映像が楽しめた。

関連リンク:
 センター・オブ・ジ・アース (映画) - Wikipedia
 New Line Cinema
 ギャガ・コミュニケーションズ(GAGA Communications, Inc.)

コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

コメントの投稿

トラックバック

| TOP |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。