お知らせ

シネマーズ!

管理人:シネマーズ!

 ブログ概要をこちら。
お問い合わせはメールフォームにて受け付けています。ご要望、ご感想も受け付けています。
相互リンクも随時募集中です。

検索フォーム


カテゴリメニュー

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画「レオン(完全版)」の評価と感想!

レオン ザ・プロフェッショナルのポスター殿堂入り王冠 評価得点:90点 4.5ツ星評価

タイトル:レオン(完全版)
原題:LEON INTEGRAL VERSION
製作国:フランス、アメリカ合衆国
監督:リュック・ベッソン
公開:1995年3月25日 (フランス 1994年9月14日)
本編収録時間:133分
配給:ゴーモン、パラマウント
映画のジャンル:バイオレンス・アクション
対象年齢:どなたでも


ピンあらすじ - 少女マチルダが出会ったことで、プロの殺し屋レオンは心を許していく。

 リトル・イタリーでトニー(ダニー・アイエロ)が経営するレストランで、掃除屋(殺し屋)レオン(ジャン・レノ)は、トニーから仕事の依頼を受けていた。
 無事依頼を終えて帰宅すると、自宅前の階段でタバコを吸いながら座っていたマチルダに出会った。レオンが自宅に入ろうとすると、麻薬の売人であるマチルダの父親が、取引された麻薬の量が減っていることで、元締めのスタン(ゲイリー・オールドマン)とマルキーから追及を受けているのを無視し家に入る。マチルダの父親は、何も知らないと言い張ることでなんとか追い返したが、翌日には仲間を連れた元締め達が麻薬を奪い返しにマチルダの家族を襲撃する。
22分の未公開シーンを加えた完全版。

評価について

ピン鑑賞環境 - DVD(日本語字幕)

ピン良い点
 ・緊張感あり、ユーモアありのストーリー展開。
 ・スタイリッシュなアクション・シーン。
 ・それぞれの役者が出したキャラクター性。

ピン悪い点
 ・挿入曲の選曲。
 ・通常版と比べて、延長部分が不要だと感じる。

ピン映画の感想
 ジャン・レノ演じる殺し屋の役は、殺すことを何とも思わない冷酷な暗殺者としての雰囲気が、彼でなければ務まらないと感じるほどとても出ていました。ナタリー・ポートマンが演じたマチルダも、幼いながらも表情豊かで、レオンを誘惑するシーンなど各シーンに合った表情がとても自然で驚かされます。悪役のゲイリー・オールドマンも、かなり怖い人物像に仕上がっています。
 ストーリーも殺人と復讐というシリアスで過激な設定があるにも関わらず、レオンとマチルダのユーモアある会話で楽しませてくれ、また二人が心を通わせていく過程が緻密に描かれていることで、切ないラストで感動を誘ってくれます。
 アクションシーンもスタイリッシュで、突如出現する意外性や躊躇しない射撃などで、それぞれのキャラクターについてや迫力ある楽しさの両方を見る者に伝わる素晴らしい出来です。急展開していく物語にスピード感や迫力があり、さすがと言える内容でした。
 気になった事といえば、挿入曲をもう少し場に合った選曲をしてくれると、さらに盛り上がるのではと感じました。
 また完全版としては、通常版と比べると、2人の関係の印象が少し変わることと不要だと思えるシーンがあったので、通常版でカットして正解だったと感じました。
 それでも追加された22分をちょっとしたカットで伸ばしているのではなく、きちんとストーリーの一部として追加し、通常版では明かされなかった部分で色々と気付かされたので、確かにちょっとした見所ではありました。通常版でのマチルダ訓練が物足りないなど感じていた本作のファンは、もう一度見直すつもりで鑑賞すると良いでしょう。
 不朽の名作として名高いだけあり、通常版で良いので、一度は見て欲しい一押しの作品です。


映画の詳細

ピンキャスト
 ・レオン・モンタナ(Leon) - ジャン・レノ
 ・ノーマン・スタンスフィールド(Stansfield) - ゲイリー・オールドマン
 ・マチルダ・ランドー(Mathilda) - ナタリー・ポートマン
 ・トニー(Tony) - ダニー・アイエロ
 ・マルキー(Malky) - ピーター・アペル
 ・マチルダの父・ジョセフ(Mathilda's Father) - マイケル・バダルコ
 ・マチルダの母・マージ(Mathilda's Mother) - エレン・グリーン
 ・マチルダの姉・ジョアン(Mathilda's Sister) - エリザベス・リーガン
 ・マチルダの弟・マイケル(Mathilda's Brother) - カール・J.マトゥソヴィッチ
 ・ファットマン(Fatman) - フランク・センジャー

ピン補足説明
 ・リュック・ベッソンがハリウッドで撮った初めての作品である。
 ・完全版DVDはチャプター選択などのメニュー画面が無く、リモコン操作で「日本語」と「英語」のみ選択可能。
 ・完全版の吹き替えは、担当する声優が通常版と異なる。

関連リンク:
 レオン (映画) - Wikipedia
 Gaumont
 パラマウント ピクチャーズ ジャパン

コメント

こんばんは。
完全版があるのですね。知りませんでした…。
初めてお邪魔いたしました。(携帯から閲覧しております)
ブログの更新の間がかなり空いているのですが復帰されたのですね?
詳しく細かい評価が素晴らしいです!!映画ブログのお手本みたいです。
また色々な映画のご感想を参考にさせて下さい。

はじめまして!
映画好きのるぃなと申します。
私は通常版しか観ていないんですけど、なるほど…完全版には不要っぽいシーンがあるんですね。
それでも観てみたかったりw
この映画の雰囲気、すごく好きだったりします。
また遊びにきます☆

コメントの投稿

トラックバック

| TOP |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。